ネコっていいね!倶楽部 公式フォトブック

2013年4月1日

皆さんは猫派ですか? 犬派ですか?

それぞれ皆さん異なると思いますが、私は猫派です。
ワンちゃんも大好きですが、どっちか選べと言われると迷わず猫ちゃんの方を選びます。
可愛いけど我儘でマイペース・そして気高い、まさに私が大好きな性格をしてますよね、猫ちゃんって^^

子供の時は父が大の猫嫌い、その為猫ちゃんを飼うことは到底不可能でした。
その頃はワンちゃんを飼ったり亀を飼ったり、あるいは卵から孵して育てた手乗りインコを可愛がったりしていました。
動物はどんな子も可愛いですからね^^
でも一番大好きな猫ちゃんだけは、父の影響で飼うことが出来なかったわけです。
そこで、外の野良猫ちゃん達を相手にしてよく遊んでいました。

一人暮らしを始めてからは、家にいないことが多いのでやっぱり猫ちゃんを飼うのは無理。
結婚してからも仕事柄長期出張が多くその際は奥さんも実家に帰っているので、やっぱり猫ちゃんを飼うのは無理。
世話がしっかりと出来ないような状態で、無責任に猫ちゃんを迎え入れることは出来ないですからね。
凄く残念で寂しかったのですが、我慢していました。

そのかわりにお世話になっていたのが猫ちゃん関連の写真本やカレンダー。
猫ちゃんの写真見ているだけでも心が癒されますからね^^
そうして手に入れていった写真本の中の一つが、今回紹介する本です。

奥村準朗氏発行人 内田千秋氏監修 「ネコっていいね!倶楽部 公式フォトブック」
2013-3-2投稿 猫本

 

実は私、2011年の夏頃に病気になってしまい、会社を10ヶ月程度病欠することになりました。
最初のうちはそんなに長引くとか業務復帰後にも制限がつくとか予想していなかったんですよね。
その為、あいかわらず「猫ちゃんを家族に迎えることは出来ない」と思い込んでいて、今まで通り写真本等で気分を紛らわせていたわけです。
そういった最中に出会った一つがこの本でした。
その時期の私はSNSという言葉すら知らない状態、「ネコっていいね倶楽部!て何?」という気持ちで本を開いたら、なんとも可愛らしい猫ちゃんの写真がてんこ盛り!
速攻で購入してお持ち帰りでした^^

家でゆっくりと読ませていただき、その時にはじめて「Facebook」という物の存在も知ったわけです。
「Facebookの中にはこんな面白い倶楽部もあるんだー」なんて考えながら本を読ませていただきました。
結局自分がFacebookに参加するのはその年の暮れ、2012年の末となるわけですけどね(^^;;

本の中には、その倶楽部に参加している人達から投稿された猫ちゃん写真が集められていました。
プロが撮影した猫ちゃん写真というわけではなく、一般の方達が自分で撮影して投稿したという写真、だからこそなんだか温かみがあふれた楽しい写真が多く、「購入して本当に良かった!」という気持ちにさせてもらえました。
プロの撮影した写真本もいいですが、こういう一般参加の写真本の方がなんだかより心が癒されますよね。
本当に猫ちゃん好きの方達が撮った写真だからこそ、だと思います。
そうして、「自分もこんな写真を撮りたい・猫ちゃんを家族に迎えたい」、その思いがどんどん強くなっていったわけです。

そしてある日、診察中に主治医に今後の様子をあらためて聞いてみたところ、なんと完治には普通に年単位がかかるとのこと、かつ仕事に復帰した後もしばらくは制限が付くとのこと。
なんともショックな話だったのですが、ちょっと考え直すとあることに気付きました。
「仕事に復帰しても年単位で長期出張等にはいけない、ということは猫ちゃんを飼うことが出来るのでは?」
なんというか、我ながらとことん能天気です(^^;;

ちょうどその頃、近所に新しいショッピングモールが出来上がり、近隣住民専用のプレオープンセールが行われることになっていました。
奥さんとともにその会場に出かけると、モール内にしっかりとペットショップもありました。
そこにいる可愛らしい猫ちゃんをいっぱい見てきてしまったわけです。
もうこうなると、「猫ちゃんを家族に迎えたい!」という気持ちが止まりません。
モールから帰宅後速攻でパソコン前へ、ネットで近くで行われる里親募集イベントや猫コミュニティー関連のページを調べてまわりました。
すると、ある猫コミュニティーのページが見つかり、そこに里親募集のコーナーが。
そちらを見ると、すぐにかわいらしい生後一ヶ月ちょっとの黒猫兄弟の里親募集が目に留まりました。
隣の県からの募集とちょっと遠方かつ既に応募している人もある模様、でもどうにもこの兄弟猫ちゃんが気になって応募しちゃいました。
しっかりとプロフィールや自宅環境・猫ちゃんへの思い等を書いて。
すると翌日、募集者さんの方から連絡が!
「先に募集した方々は1匹のみの希望とのことだったので、兄弟で希望しているお宅を優先したい、次の休日に自宅へ伺っても良いか?」とのこと。
当然、迷わずOKです。
そして休日、子連れ・猫ちゃん連れで来宅された募集者さん、うちの環境を気に入ってくれてその場で決定、無事黒猫ちゃん兄弟はうちの家族となりました。
猫ちゃん探しを始めてわずか4日、あっというまに猫ちゃんを迎えることが出来てしまいました。
こういうのも「運命」って言うのでしょうか?

その黒猫ちゃん兄弟が、今のコタロー君&コジロー君の兄弟となります。
こちらがうちにやってきた当日の2ニャンズの写真、今見ても可愛くて痺れます^^
2013-3-1投稿 ニャンコ

見ての通り、このブログの投稿バナーに使っている写真だったりします(^^;;
こうして猫ちゃんとの平和で楽しい生活が始まりました。

ちなみに、この里親募集をさせていただいた猫コミュニティーのページは「ネコジルシ」と言います。
Facebookページも存在するのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。
Facebookでの活動よりも自己ホームページでの活動の方が盛んなコミュニティーですので、興味がある方は下記のリンクからのぞいてみてくださいね。
面白いコミュニティーですよ^^
ネコジルシ ホームページ

 

そして話は変わり、私がFacebookに参加した時の話になります。
2012年末に使い方も何も分からないままFacebookに会員登録し、まずは友人探しから始めました。
なにせ、当然ながら「友達登録ゼロ」の状態ですから。
しかしながら、どうやってもリアルの友人達がFacebook上で全く見つからない、実際に連絡を取ってみるとなんとほぼ誰もSNSをやってないし興味もないとのこと!
数少ない登録している友人は、「ただ登録しているだけで全く使っていない」という状態。
「こりゃ参った・・・」と途方にくれました。
どうやってFacebookで活動すればいいのか、なんにも分からない状態となってしまったわけです。

この時思い出したのがこの「ネコっていいね!倶楽部」の存在。
紹介の本を買っていたおかげで、この倶楽部の存在を知っていたわけです。
さっそく倶楽部のFacebookページを見せてもらうと、なんと大量に可愛らしい猫ちゃんの投稿写真が!
夢中で投稿を読ませて・見させてもらいました。
で、こうなると自分も参加したくなります。
そこで、自分自身もコタロー君&コジロー君の写真をアップし、同時に投稿されている皆さんへコメントを入れるようにしました。
これがきっかけとなり猫ちゃん仲間での友達登録者が増え、本格的なFacebook活動が開始出来たわけです。
そうして、今ではTwitterやGoogle+にも手を出し、かつこうしてブログまで始めた私が存在します。

長々と私の猫ちゃん生活談義を書かせてもらいましたが、言いたいことは一つだけ。
「ネコっていいね!倶楽部 公式フォトブック」は私にとって恩人(恩書?)ともいえる本だということです。
この本の影響を強く受けたこともあって猫ちゃんを家族に迎える決心がついたこと、またFacebookで本格的な活動を始めて友人を増やすきっかけを与えてくれたこと。
全てがこの本のおかげなわけです。
私にとって、本当に大事な本なのです。

この本、そういう意味ではかなり個人的な見解も入っているかもしれませんが、本当にお薦めです。
可愛らしい猫ちゃん写真がいっぱい、それも本当に猫好きな方達が撮影した写真ばかり。
猫ちゃん好きの方々なら間違いなく最高の癒し本となるはずです。
まだ持っていないという方、是非購入してみてくださいね。

また、倶楽部の部長である内田さんの話だと、機会があれば次は電子書籍による個人出版で写真集を出してみたいという考えがあるとのこと。
そうなると、やっぱり自分のうちのニャンコ写真も載せてもらいたいですよね^^
「ネコっていいね!倶楽部」に自慢の猫ちゃんの写真をせっせと投稿して、載せてもらえるように頑張りましょう!
私もこれからもっと頑張らないと・・・
本当にフォトブック第二弾が発行される機会がやってくるよう、皆でさらに「ネコっていいね!倶楽部」を盛り上げていきましょう^^

フォトブックの購入はこちらから!

  • このサイトの趣旨

    当サイトでは、管理人が人生を楽しむ為に色々と試していることを紹介しています。 「これはいい」 「これは面白い」 「これはお薦め」 そう思った色々なものを紹介していきたいと思います。 皆様の人生が潤いあるものとなるよう、お手伝い出来たら幸いです。
  • ブログ投稿日 カレンダー

    2013年4月
    « 3月   5月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • PAGE TOP
    Copyright(c) 2013 潤いある充実ライフ All Rights Reserved.