電子書籍

2013年4月5日

皆さんは「電子書籍」を既に利用されていますか?

昨年は電子書籍端末が各種発売されたことにより、日本での「電子書籍元年」と呼ばれています
電子書籍分野では世界の中ではどちらかと言えば後進的な立場であった日本、今後電子書籍の分野が一気に伸びていく可能性も高まっています。
今年になって、Appleが運営するiBooksも日本語書籍の取り扱いを開始し、ますます広まっていく気配が高まっていますよね。

「本は紙で読んでこそ、電子書籍なんて邪道!」なんて人もいるかもしれません(^^;;
実は、私も根本的には本は紙書籍で読む方が好きです。
でも我が家は大豪邸ではなく一般的なマンション、収納には限界があります。
大量に本を読む為、もう本棚を完全にあふれ出して本が積まれている状態になってしまいました。
本は読みたい、でも収納する場所はもはや存在しない、この状況を解決する手段が「電子書籍」ということになります。
電子書籍であれば端末一台あればOK、まったく収納スペースを必要としませんからね。
おまけに、常時本棚ごと所持して歩いているような状態、いつでもどこでも好きな場所で本を取り出して読むことが出来るわけです。
そう考えると、本好きにとっては本当にありがたいことですよね^^

今日は、そんな私がメインに使用している電子書籍サービスを紹介させてもらいます。
これから電子書籍を使ってみようと思っている方、あるいはかるーく使用中という方の参考になればと思います。

ただし注意事項が一つ。
今日紹介する電子書籍サービス、KindleやNexus7・その他Android系端末を利用されている方では全てのサービスを利用することは出来ないかもしれません。
これらを全て利用出来るのはiOS端末、すなわちiPhoneやiPad・iPad miniとなります。
そういう意味では、やっぱり電子書籍端末としてもiOS端末が優秀ですよね^^

 

1.BookWalker

角川グループが運営する電子書籍サービスです。
私がメインで利用しているサービスでもあります。
というのも、ここの最大の特徴が「ライトノベルに関して圧倒的に強い」からです。
私の場合、漫画からライトノベル・実用書にノンフィクションと何でも読む雑食派です。
ただ、実用書やノンフィクションは紙の書籍で読むのが基本、電子書籍はライトノベル中心で用いています。
その結果、ここのサービスがメイン利用サービスとなるわけです。
ライトノベルの品揃えは圧倒的ですね^^
いずれはここのブログでも、私が気に入っているライトノベルを紹介することがあると思います。
移動中などに軽く読む読書にはライトノベルは最適なので^^

ちなみに、あくまで「ライトノベルに強い」というだけで、その他漫画や実用書・ノンフィクション等の品揃えも豊富ですよ。
使い勝手の良い電子書籍サービスだと思います。

BookWalkerのページはこちら。

また、無料iOS用アプリケーションの取得に関してはこちらから。
 ↓
BOOK WALKER Viewer - BOOKWALKER

 

2.eBookJapan

こちらも大手の電子書籍サービスです。
ここの特徴は、「漫画が強い」ということ。
漫画の品揃え・サービスに関しては、ここが一番だと考えています。
漫画大好きの方、こちらのサービスを中心にして活動されるのが良いと思います。
私も漫画系電子書籍はここで購入していることが多いです。
当然ですが、その他種類の書籍も多数提供されていますよ^^

eBookJapanのページはこちら

無料iOS用アプリケーションの取得に関してはこちらから。
 ↓
ebiReaderHD - eBOOK Initiative Japan Co.,Ltd.

 

3.honto

ハイブリッド総合書店を目指しているサービス、紙書籍・電子書籍全てを扱っています。
ようはAmazonみたいなタイプを目指しているということでしょうね。
品揃えはなかなかのもの、総合書店を目指しているというだけあって日々進歩していっています。
何が強いという特徴があるわけではないですが、「総合的に強い」を目指しているサービスですのでチェックしておくことに越したことはないです。
ここの特徴として言えることは一つ、「ポイントサービスが充実している」ということ。
常時何らかのポイントアップサービスが行われていますが、そうして溜めたポイントで次の本を購入出来ます。
上手に使えば、安く書籍購入を続けていけますよ^^

hontoのページはこちら

無料iOS用アプリケーションの取得に関してはこちらから。
 ↓
honto - Dai Nippon Printing Co., Ltd.

 

4.紀伊国屋書店ウェブストア

言わずと知れた大手書店会社「紀伊国屋」、こちらが運営しているウェブストアです。
一般書籍から電子書籍まで幅広く取り扱っています。
hontoと同様、総合書店となりますね。
品揃えも豊富、分野を問わず目的の本をさがすことが出来ると思います。
私は主に、実用書やノンフィクションを電子書籍で購入しようとした場合、こちらを利用していることが多いです。

紀伊国屋書店ウェブストアのページはこちら

無料iOSアプリケーションの取得に関してはこちら

紀伊國屋書店Kinoppy - Kinokuniya Co.Ltd.

 

5.Amazon

言わずと知れた超有名どころのAmazonです。
電子書籍サービスとして専用端末まで販売している「Kindle」が有名ですね。
でも私はこの紹介を最後にしてしまいました。
それは何故か・・・・・
私は電子書籍としての利用では、Kindleをまったく使ったことがないからです。
紙書籍の購入ではAmazon使用率が80%と圧倒的なんですけどね(^^;;
以前海外のニュースで、「理由不明のままAmazon Accountを停止されてしまった人が、それまでに購入していた電子書籍も全て読めなくなってしまった」という話がありました。
これを聞いてから、なんとなくKindleサービスに対して良い印象を持っていないんですよね。
まあ、本来はそんな悪いサービスではないと思いますが、とりあえず私の中では電子書籍サービス使用優先順位は最下位です(^^;;

ただここのサービスの大きな特徴は一つ。
「Kindleを利用して自作図書が出版出来る」ということでしょう。
つまり、だれでも作家活動をして本の販売が出来るということです。
このサービスは大きいと思います。
もし本を書いて売ってみたいと考えているかたがいましたら、是非書き上げてKindleサービスを使って販売に挑戦してみてくださいね^^

Amazonのページはこちら

無料iOSアプリケーションの取得に関してはこちら

Kindle - AMZN Mobile LLC

 

関連記事

  • このサイトの趣旨

    当サイトでは、管理人が人生を楽しむ為に色々と試していることを紹介しています。 「これはいい」 「これは面白い」 「これはお薦め」 そう思った色々なものを紹介していきたいと思います。 皆様の人生が潤いあるものとなるよう、お手伝い出来たら幸いです。
  • ブログ投稿日 カレンダー

    2013年4月
    « 3月   5月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • PAGE TOP
    Copyright(c) 2013 潤いある充実ライフ All Rights Reserved.